段ボールは放置しておくと虫がわく!?引っ越しの後そのままにしないで!

家事
スポンサーリンク

荷物の郵送や、野菜の保管。

何にでも使えて便利な段ボール。

 

そんなつもりはなくても、
改めて見渡すと、
家中いたるところに
段ボールがあるかもしれません。

特に、引っ越しで大量の段ボールが出て、
荷解きがめんどくさく、
未だに必要になった物だけを
段ボールから取り出して…
なんて生活をしている人も
いるのではないでしょうか。

 

そんな人は要注意です!

段ボールは
害虫たちにとって最高の環境なんです!

スポンサーリンク

段ボールは放置しておくと虫がわく理由は?

紙と紙の間が空気の層になっていて、
高い保温性、保湿性があるからなんです。

 

  1. 段ボールを放置してカビが発生
  2. そのカビをえさにダニが増殖
  3. そのダニをえさに他の害虫が増殖

という感じで悪循環に陥ってしまいます。

 

特に放置された段ボールには、
長年のほこりがたまっていませんか?

 

そのほこりには、
人間から剥がれ落ちた
皮膚や髪の毛なども混じっており、
ダニや害虫の食料に
なっているかもしれません。

 

それに加えて危険なのは、湿気です。

段ボールに虫がわく理由は

  • 高い保温性と保湿性
  • 接着剤
  • カビ→ダニ→害虫の食物連鎖

などがあります。

 

害虫は、食料が乏しい時には、
接着剤まで食料にしてしまうんですね。

今一度、
クローゼットの中や物置の奥底に忘れられた
段ボールをチェックして、
処分することをおすすめします。

段ボールにわく虫の種類は何?

段ボールにわく虫はたくさんいます!

それぞれの種類を詳しく紹介します。

紙魚

紙魚と書いて「シミ」と読みます。

古い本など、紙全般にいます。
魚が泳ぐように走ることから、
紙の魚と言われるようです。

 

特に害はないですが、気持ち悪いですね。

ダニ

これは有害ですね。

放置された段ボールにたまった
ほこりが大好物です。

 

ほこりには、人間の皮膚やあか、
髪の毛などが混じっています。

それと、カビです。
一度雨に濡れたものや、
じめじめした暗い場所に
置きっぱなしになっている段ボールは
かなり危険です。

ゴキブリ

ゴキブリは、
段ボールにたまったほこりも食べますが、
そこにわいたダニ、
はたまた接着剤までも食料にしてしまいます。

さらに、信じられないことに
卵を産み付けるのです。

 

ゴキブリの卵は、1cm程度の筒状で、
なんとそれが、段ボールの紙と紙の間に
すっぽり入り込むサイズなのです。

クモ

クモはゴキブリやダニなどを
えさとして生きています。

そのような害虫が多い場所には、
自然とクモもよってきます。

シロアリ

段ボールに含まれている
セルロースという成分が大好物で、
それを食べに集まってきます。

 

シロアリは段ボールだけの問題ではなく、
家をぼろぼろにされる、
更なる危険がともなってきます。

段ボールにわく虫対策を5つご紹介!

では虫がわかないようにするために
今すぐできる対策を紹介します!!

湿気をとる

先ほどの食物連鎖の始まりはカビでしたね。

カビも害虫も、とにかく湿気が大敵です!

 

タンスにゴンゴンやドライペットなど、
衣類やタンス用に発売されている
除湿剤を使用します。

段ボールの蓋に貼り付けたり、
余ったスペースに入れるなど、
とにかく除湿をしてください。

ラベンダーのアロマを使用する

小さいお子さんがいる家庭などで
防虫剤を使いたくないな、という方には
ラベンダーの香りがするアロマ
で対策してみてください。

虫はラベンダーの匂いが大嫌いなのです。

 

アロマ専門店などで購入した、
ラベンダーのアロマオイルを染みこませた
布などを一緒に入れておくことで
防虫剤の代わりになります。

外部から持ち込んだ段ボールはすぐに捨てる

引っ越しで使ったものや、
スーパーなどからもらってきたものは、
すでにダニやゴキブリの卵が
付着している可能性があります。

押入れやクローゼットなど室内の収納には新品の段ボールを

室内で使用するもの、
特にほこりや湿気がたまりやすい場所で
使用するものは、
新品で購入した段ボール
使うようにしてください。

隙間を作らない

ゴキブリなどのために、
わざわざ隙間を作ってあげる
必要はありませんよね(笑)

 

隙間なくきれいに並べておけば、
その心配も少しは軽減されます。

まとめ

なにかと便利で、
収納にはもってこいの段ボール。

収納に使用するからこそ、
普段目につかない
押入れやクローゼットの奥の方に
しまいこんでいませんか。

 

わざわざ、害虫のために
住処を作ってあげているようなものです。

しっかりと対策をして、
正しく段ボールと付き合えるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました