チョコレートを食べ過ぎるとどうなるの?本当は怖い!?チョコの秘密

豆知識
スポンサーリンク

あなたはチョコレートが好きですか?

私は大好きです!

 

甘いチョコレートにほろ苦いチョコレート
フルーツの入ったチョコレートと
いろいろなチョコレートがありますよね。

おいしくて魅惑的なチョコレート。

 

でも食べすぎると
「集中力の低下」や「鼻血」など
多くのデメリットがあるんです。

では、他にはどんなデメリットが
あるのでしょうか。

詳しく紹介します。

スポンサーリンク

チョコレートを食べ過ぎるとこんなデメリットが!?適量が肝心!

あなたはチョコレートを食べ過ぎた時の
デメリットは何を想像しますか?

 

まず思い浮かぶのは「鼻血」だと思います。

チョコレートには血圧をあげる作用があり
その結果、鼻血が出てしまうんです。

 

しかし、血圧が上がることによる
デメリットはそれだけではありません。

血圧が高くなった後、
しばらくすると血圧は下がります。

 

その急激な高低差により
気分の浮き沈みが
激しく乱れてしまうんです。

このことにより集中力が低下
してしまうこともあります。

 

また、チョコレートには
砂糖が入っています。

つまり、チョコレートを食べた分だけ
砂糖を摂取してしまうわけです。

 

当然、食べ過ぎれば「糖尿病」
「虫歯」、「肥満」の危険性があります。

おいしいチョコレートですが
やはり適量が大切なんですね。

チョコレートを食べ過ぎたら気持ち悪いのはなんで?原因はココにあった!

チョコレートを食べた後
気持ち悪くなってしまった
経験はありますか?

 

そんなに量を食べていなくても
気持ち悪くなってしまい
なんでだろうと疑問に思ったことが
あるのではないでしょうか。

私もあまり食べていないのに
むかむかと気持ち悪く
なってしまったことがあります。

 

そういう時、心配ですよね。

でも、安心してください。

チョコレートを食べた後、
気持ち悪くなってしまうのは
普通のことなんです。

 

「インスリン」というものを
聞いたことはありますか?

インスリンは血液中の糖の量が
多くなると分泌されます。

 

当然、チョコレートにも砂糖が
入っているので
インスリンが分泌されるわけです。

すると、インスリンが
血糖値が高くなったので
これ以上増やさないようにしようとします。

 

それがこの「気持ち悪さ」なんです。

つまり、体からの
「これ以上食べないで!」という
サインなんですね。

 

血糖値が高くなりすぎると
糖尿病などの病気につながります。

それらの病気から体を守るために
必要なことなんです。

 

ですからあまり心配する必要はありません。

ちなみに、気持ち悪くなってしまったら
気持をリセットするといいですよ。

 

おすすめは「歯磨き」です。

ミント系のガムをかんだりするのも
おすすめです。

ぜひ試してみてください。

チョコレートの食べ過ぎで腹痛になることがあるってホント!?

チョコレートを食べすぎると
お腹が痛くなると聞いたことはありますか?

これは事実です。

 

チョコレートには
「下痢」になる原因が潜んでいるんです。

いくつか原因はありますが
まず大きな原因は「砂糖」です。

 

砂糖は水分を含みやすく
そのまま腸へ行ってしまいます。

すると、お腹がゆるくなってしまうんです。

ちなみに、人工甘味料についても同じです。

 

人工甘味料で有名なのは
キシリトールでしょうか。

キシリトールの入ったガムなどには
食べすぎるとお腹が緩くなることがあると
注意書きがありますよね。

 

また、チョコレートに含まれる
「脂肪」も原因の一つです。

脂肪は消化に時間がかかってしまいます。

 

そのため、消化され吸収される前に
腸に到達してしまいます。

その結果、お腹を壊してしまうんです。

 

これらがおなかが痛くなってしまう
原因です。

これに関しても体調にもよりますが
食べ過ぎなければ大丈夫なので
適量が大切です。

まとめ

このようにおいしいチョコレートですが
食べすぎることで多くのデメリットが
あるんです。

特に糖尿病になってしまうと
生活にも足かせがついてまわります。

 

ついついやめられず
食べすぎてしまいがちですが
量を気にして食べることで
よりおいしく食べることができますね!

タイトルとURLをコピーしました