年末調整でもらえる還付金の平均額は?知らずにもらえない可能性も!?

豆知識
スポンサーリンク

毎年毎年、
年末になるとやってくる年末調整。

年末の忙しい時にめんどくさい、
会社に出せって言われるし、
期限も迫ってる・・・と、
ハンコだけ押して
そのまま提出しちゃってませんか!?

 

なんともったいない!

最近の調査によると、
もらえる還付金の平均は
8万円とも言われています。

スポンサーリンク

そもそも年末調整とは、どういうものなのか?

毎月の給料から、
国税庁で定められた所得税が
源泉徴収されています。

しかし、これは
個人の事情に応じた税金の控除は
含まれていません。

毎月引かれる税額と
個人の税額が一致しないのが普通なのです。

 

なので、年末調整で
個人のいろいろな控除を見直すことで
所得税がきちんと出るのです。

還付金がもらえるのってどんな人?

みんながみんな
還付金をもらえるわけではありません。

もらえるのは、
勤務先で把握できない所得控除がある人
なのです。

そして、暫定所得税に比べて
確定所得税の方が安い人は、
多く払い過ぎているということで
還付金をもらうことができます。

  • 生命保険などの支払い額の控除
  • 配偶者や扶養家族に対する控除
  • 本人や家族の障害控除
  • 住宅ローンの控除

などがある人は、
還付金を受け取ることができます。

 

なので、この1年間で
結婚して扶養家族が増えたとか、
生命保険に入ったなどの人は
新たに申請する項目が増えますので、
忘れないように注意してくださいね。

年末調整で還付金が会社に横領されてる!?戻ってこない人はチェック!

みなさん、年末調整の書類提出だけで
満足されていませんか?

 

まさか、会社に横領されているってことは
ないかもしれませんが、
きちんと還付金が返って来たところまで
確認しましょう。

還付金が受け取れるのは、
会社によっても異なりますが、早ければ
12月の給料と一緒に振り込まれたり、
遅ければ翌年の1月下旬くらいと
なっています。

 

これは、会社によって
手続きの完了時期がずれるためなので、
自分の会社はどの時期なのか
確認しておきましょう。

また、金額の確認方法としては、
給料明細に年末調整還付・所得税還付などと
わかりやすく書いてくれている
会社もあります。

書いていない場合でも、
自分で計算することができます。

 

給料明細に書かれている1月~12月までの
給料とボーナスの金額から
差し引かれた所得税の合計金額
(これが国税庁で定められた所得税のこと)
から、源泉徴収に書かれている税額を引けば
戻ってくる還付金という計算になります。

年末調整後の還付金のシミュレーション!おすすめサイト3選!

年末調整は源泉徴収が出てからでないと
わからないと思っていませんか?

これらは、それぞれの質問に答えるだけで、
還付金をシュミレーション
してくれるサイトです。

ぜひ自分でも計算してみてください。

人事労務フリー

年末調整シミュレーション | 還付額・必要書類をかんたん診断
お金がかえってくることが多い年末調整。あなたは今年いくらに?

今年の見込年収と、
給料明細から保険料と所得税を入力します。

それから、扶養家族のことや保険、
住宅ローンなどの5つの質問に答えるだけ。

 

質問文章もわかりやすくなっていて、
難しくないのでおすすめです。

また、必要な手続きと
準備しておくものもわかります。

Keisan 生活や実務に役立つ計算サイト

源泉徴収票(給与所得)
給与所得者の源泉徴収票を計算します。

源泉徴収票を計算してくれるサイトです。

年収や配偶者、扶養家族の年齢別の人数や
保険でも、社会保険・生命保険・
地震保険などにわかれていて
細かく人数や金額を
入力できるようになっています。

年末調整の計算

年末調整の計算

入力する項目が細かく設定されています。

項目一つ一つに対して、
どこの数字(税額など)を見て
入力すればいいのか、
詳細な説明が付いているので、
税金のことが難しくて
どこを見ればいいのかわからない・・・
という人にもおすすめです。

まとめ

年末調整、税金などと聞くと
耳をふさぎたくなってしまいますが、
自分が損をしないためにも
きちんとやることが重要です。

上記のようなサイトを使えば、
必要な書類から、
計算に必要なこ項目の見方など、
わかりやすく説明されていますので、
ぜひ参考にしてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました