天ぷら鍋の蓋つきは危ない!?間違った使い方で大爆発するって本当!?

料理
スポンサーリンク

揚げ物をしている時にお鍋に蓋をすると
鍋の中の温度が上がりすぎて
火事になる危険性があります。

また蓋についている水滴が
高温の油の中に落ちると
爆発することもあるんです。

 

実際に家庭で起こる火事は、
揚げ物をしているときに起こることが
多いそうです。

しかし危険なのにもかかわらず
蓋つきの天ぷら鍋は売られていますよね。

揚げ物をするときに蓋をすると
カラッと揚げることができる
という声もあります。

 

本当はどうなんでしょうか?

天ぷら鍋に蓋をすると危険な理由と
蓋をしてもいいケースについて
まとめました。

調理する前に読んでみてください。

 

これから天ぷら鍋の購入を考えているなら
蓋つきがいいのかどうかも検証しているので
是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

天ぷら鍋に蓋をすると危険な理由と正しい使い方とは

揚げ物をしている時に
蓋をしてはいけない理由は2つあります。

1つは蓋についた水滴が
油の中に落ちてしまう可能性
があるからです。

 

煮込み料理などをしていると
鍋の蓋に水滴がつきますよね。

これは鍋の中の具材の水分が蒸発して
蓋についてしまうからですが、
揚げ物でも同じように蓋に水滴がつきます。

 

この水滴が油の中に入ると、
水が一気に加熱されて水蒸気になるため
爆発を起こしてしまいます。

油の温度を早く上げるために
具材を入れる前に蓋をする人もいますが、
蓋の水分がきちんと
拭えていないこともあるので
あまりおすすめできません。

 

2つめの理由は
油が高温になりすぎてしまうからです。

揚げ物をするときは
高くても200度くらいの温度ですが、
蓋をしてしまうとそれ以上の温度に
上がってしまう可能性があります。

 

水はどれだけ温めても
100度以上にはなりませんが
油は300度を超えると
油から火が出て燃えてしまいます。

知らないうちに油が高温になっていて
蓋を開けたと同時に炎が上がる、
なんてことも考えられます。

 

なので、具材を入れる前であっても
蓋をして油を加熱するのは危険です。

温度センサーのついているコンロでも
鍋の形によってはセンサーが
上手く反応しないケースもあるようなので
注意しましょう。

 

また、蓋をして調理をすると
蓋に油汚れがついてしまいます。

蓋についてしまった油汚れは
なかなか落ちなくて
後片付けが大変だから
蓋をしないという声もありました。

油はねを防ぐならネット状の蓋がおすすめ

油はねが嫌で蓋をするという人もいますが、
やはり危険なのでおすすめしません。

油はねを防ぐなら
密閉してしまう形の蓋ではなくて
ネット状の蓋を使ってみてください。

【楽天市場】エラー

ネット状の蓋なら水が入る心配もないですし
高温になりすぎることもありません。

インターネットや雑貨店で
購入することができるので
興味がある人は探してみてください。

 

油はねの原因は具材に含まれる水分なので、
具材の水分をしっかりとっておけば
蓋を使わなくても
油はねを防ぐことができます。

衣をしっかりつけて
水分を吸わせておくのも
油はねを防ぐのに効果的です。

無水調理できる鍋なら蓋をしてもOK?

無水調理ができる鍋なら
蓋をして揚げてもOKなものもあります。

その時でも説明書にしたがって
少量の油で蓋をするようにしましょう。

 

しかし、無水調理ができるものでも
説明書に記載がないものは
蓋をするのは避けた方がよいでしょう。

もし油が燃えてしまったときの対処法

揚げ物をするときは
目を離さないのが鉄則です。

それでも万が一油が燃えてしまった時は
濡れたタオルをかぶせるなどして
空気を遮断してださい。

 

一番確実なのは消火器や消火スプレーです。

慌てて鍋をひっくり返してしまっては
大惨事になるので
冷静に対処するようにしましょう。

火が消えた後でも
再び発火する恐れがあるので
コンロの火を消せるようなら
先に消しておいてください。

 

マヨネーズを火の中に入れるとおさまる、
ということも聞きますが
それで被害が大きくなったケースも
あるそうなので止めた方がいいです。

水をかけると爆発してしまうので
絶対に水をかけてはいけません!

天ぷら鍋に蓋は必要?蓋つきタイプの利点とは

ここまで蓋をして揚げ物をするときの
危険性をお伝えしましたが、
メリットもあります。

無水調理ができる鍋や
蓋つきの天ぷら鍋もあるので
以下のメリットを見てみて
どのタイプのものを購入するか
判断してください。

省エネになる

蓋をすることで油の温度を
高温に保つことができます。

高温で揚げるとサクッと仕上がるので
美味しい天ぷらを作ることができますよ。

また、蓋をしないときよりも
小さい火力でOKなので省エネになります。

油はねを防げる

ネット状の蓋を使っても
見えない油汚れは
どうしてもできてしまいます。

しかし蓋つきのものなら
油はねを完全に防ぐことができるので
小さな油汚れもなくなります。

 

ネット状のものだと防ぎきれないような
油はねの激しい生ものや魚介類でも
怖くないですね。

オイルポットとして使える

揚げ物をした後は
油が冷めるのを待ってから
オイルポットにうつしますよね。

でも蓋つきのものなら
オイルポットとして使えるので
後処理の手間がかかりません。

まとめ

揚げ物をするときに
蓋をするのは危険ですが
蓋をして調理をすることが
できる鍋もあります。

蓋をして調理をする場合でも、目を離さず
長時間放置しないようにしてください。

 

蓋つきの天ぷら鍋を
正しく使うことが出来れば
油はねを防ぐことができますし
省エネにもなります。

蓋つきはやっぱり怖いと思うなら
ネット状の蓋を使えば
油はねの心配をせずに
揚げ物をすることができます。

 

それぞれのメリットと危険性を比べてみて
天ぷら鍋を選んでみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました