結婚式の招待状に糊付けは必要?シールはNG?意外と知らないマナーを紹介

マナー
スポンサーリンク

幸せいっぱいの結婚式。

新しい生活を送るため、
来てくださった方に楽しんでほしいから。

マナーはしっかりと守りたいですよね。

 

実は結婚式の招待状の封の仕方にも
マナーがあるって
知っていましたか?

郵送するときは基本的には糊付けし、
封をした後「寿」と書きます。

 

直接渡す場合は
すぐに見ることができるように
糊付けは必要ありません。

また、その時に
シールを利用することもできます。

スポンサーリンク

結婚式の招待状の糊付けのやり方!

あなたは結婚式のマナーを
どれくらい知っていますか?

 

ほとんどの方は、結婚式が一生に一回。

知らないことも多いと思います。

 

その中でも、来ていただく皆様に出す
招待状のマナーはとても重要です。

しかし、招待状のマナーは
普通の手紙などとは少し違います。

 

まずは普通の手紙と同じく
招待状が出てしまわないように
しっかりと糊付けします。

この時、セロハンテープで止めたり
かわいいシールを貼りたくなる気持ちも
わかるのですが、それはよくありません。

 

セロハンテープは見た目で
「張っている」ことがわかってしまい、
糊付けと比べて綺麗な印象が薄れます。

また、事務的な印象を与えてしまうため
おおざっぱであったり、
事務的な印象を与えてしまいます。

 

シールは粘着力が弱く、
郵送している間にはがれてしまう
可能性があります。

そうなれば、招待状が出てしまい
郵送業者の方に迷惑がかかるほか、
しっかりとした雰囲気が
失われてしまうんです。

 

せっかくきれいな
結婚式の招待状を用意しても
そんなことになっては台無しですよね。

糊付けすることで
接着部分も隠れて美しく
招待状も守れるんです。

 

また、糊付けした後には
「寿」と封をしたところに記入します。

手紙ではよく「〆」や
「締」と記入しますが
お祝い事の手紙には「寿」と書くので
覚えておくといいですよ。

結婚式の招待状のマナー。渡し方によって封の仕方が変わる?

先ほど、結婚式の招待状の封の仕方は
「糊付けをする」といいましたが
実は一概にそうとは言えません。

 

糊付けするのは
招待状を郵送する場合です。

この場合、中身が出ないように
糊付けする必要があります。

 

しかし、よく合う友人や
会社の上司などには
手渡しすることができます。

その場合、逆に
糊付けはしない方がいいんです。

その理由は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は
「相手がすぐに見れるようにするため」
です。

手渡しする場合、
まず中身が出てしまう心配はありません。

 

また、渡した後にもらった相手が
中身を確認するために
封を開ける必要がありません。

これらのことから
封をする必要がないんです。

 

2つ目は
「縁起が悪いから」です。

糊付けしてあった場合、
封を開けるために
はさみやペーパーカッターで
封を切らなくてはなりません。

これがせっかくの結婚式の
縁を切るとされ
あまりよくないと考えられています。

 

ですから、郵送の場合は仕方ありませんが
手渡しの場合は
糊付けしない方がいいんです。

結婚式の招待状、直接渡すときはシールでOK?

また、招待状を直接渡す場合、
シールで軽く封をしておいても
問題ありません。

 

しかし、あまりにも招待状に
そぐわないような内容の
シールは困ります。

相手からも常識がない人と
思われる危険ももちろんあります。

 

そこで私がおすすめするのは
「寿シール」です。

Amazon | シール 寿 (100枚) | シール・ステッカー | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、シール 寿 (100枚)を文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

お祝い事などに使える
おしゃれでシンプル。

なおかつ、おめでたい雰囲気の
シールです。

 

種類も豊富なので、二人で
好きなデザインを選ぶのも
楽しいのではないでしょうか。

まとめ

素敵な結婚式にするためには
守らなければならないマナーが
たくさんあります。

 

その中でも、相手からの印象に直結する
招待状は重要です。

郵送する場合はしっかりと糊付け。

その後「寿」を書きます。

 

直接渡す場合は
糊付けしないかシールを貼ります。

マナーは自分の印象のためではなく、
相手への思いやりだと思います。

ぜひ、これからの二人の門出を
良いものにするためにも
素敵な結婚式にしてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました