アーモンドは一日何グラムまでOK?5粒ならダイエットにも影響なし!?

豆知識
スポンサーリンク

アーモンドは、
美容効果もダイエット効果も期待できると
女性には嬉しいことだらけの
話題の食材ですよね。

けれど、よく食べ過ぎはよくないとか、
ナッツ類は高カロリーと聞いたことがあり
本当にダイエット中の女性にも
効果があるのかな!?と、
少し抵抗を感じたことはありませんか?

 

今回は、そんな女性に朗報!

ダイエット中でも
積極的に摂り入れたくなるような
アーモンドの食べ方を調べてみました。

 

まず、一般的には女性の一日の摂取量は
約20gまでが目安です。

個数にするとアーモンド約20粒程度
ということになります。

 

次に気になるカロリーについてです。

アーモンド1粒で大きいものだと
約10kcalとなっています。

1日に目安の20粒を食べるとなると、
約200kcalということになります。

 

200kcalというと、おにぎり1個分。

ショートケーキ1個弱分。

このように具体的に数字でみると
やはりダイエット中の女性には
嬉しくないですね。

 

そしてやはりナッツ類が
高カロリーというのを再認識しますね。

カロリーは抑えたいところですが、
アーモンドには次に紹介するような
魅力的な効果がたくさんあります。

 

美容や健康のためには1日20粒程度ですが
ダイエット中の女性は1日5粒
少し量を抑えれば問題ありません。

カロリーも約50kcalと
抑えることができます。

 

さらにこの5粒の食べ方にも
ポイントがあるので
チェックしていきましょう。

スポンサーリンク

アーモンドの栄養・効能

なぜ高カロリーのアーモンドが
ダイエットに効果があるのでしょうか?

それには驚きの秘密があるのです。

抗酸化作用があるビタミンE

私たちの身体は常に酸化されています。

酸化=老化しているということです。

これは生きていく上では、
仕方のないことです。

 

アーモンドに
豊富に含まれているビタミンEには、
この酸化を抑えてくれる抗酸化作用があり、
摂取することで老化だけでなく、
太りにくい体質にしてくれるのです。

食物繊維

便秘解消、
糖質をゆっくり吸収してくれるという、
言わずと知れたダイエットの強い味方です。

お腹の中で水分を含むと膨らんで
満腹感も得ることができます。
アーモンドに含まれている食物繊維は
レタスの9倍という豊富な量です。

不飽和脂肪酸であるオレイン酸

不飽和脂肪酸というのは、
青魚やオリーブオイルなどで有名な
積極的に摂り入れたい
身体にいい良質な油なのです。

アーモンドの栄養素の半分は脂質で、
その中で65%がオレイン酸です。

アーモンドはいつ食べるのがベスト?オススメは食前!

ダイエットを意識していない人なら、
1日20粒をおやつとして、
食間に小分けにして食べる
というのが主流の食べ方です。

が、ダイエット中の人には、
少し違った食べ方をおすすめします。

 

それは
食前にアーモンド5粒をいっぺんに食べる
というものです。

いつのタイミングの食事でも大丈夫です。

1日のうちで
最も高カロリーの食事の前がおすすめです。

 

その理由というのは、
アーモンドに含まれるオレイン酸と
豊富な食物繊維の働きによって
食後の血糖値を下げてくれるのです。

血糖値が上がりにくいということは、
ダイエットの敵であるインスリンの
過剰分泌を避けることができるのです。

 

血糖値の乱高下を
防いでくれるという意味では
ダイエットはもちろんですが、
糖尿病や認知症の予防など、
全身状態の健康維持にも
とてもよい効果をもたらしてくれます。

 

また、食前に摂取することによって
ご飯などに含まれる水分が
その後に入ってくるので、
普通に食べるよりも早い段階で
満腹感を得ることができるからです。

そしてダイエットへの効果を
より高めるためには、
もちろん他の間食はやめましょう。

たったアーモンド5粒でも
間食には十分なカロリーがありますからね。

 

そして継続することが大切です。

2,3日だけでは意味がありません。

まずは1カ月続けて
身体の変化を実感してみてください。

まとめ

美容、ダイエット効果が期待できる
魔法の食材アーモンドですが、
よりダイエット中の女性に
嬉しい食べ方があることがわかりました。

 

油分も多めですが、身体によい油です。

なかなか毎日毎日、
青魚を食べることは難しいですよね。

 

それを間食代わりの
アーモンドで補えるのは嬉しいですね。

食前に5粒、ぜひ実践してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました